弁護士や税理士は法律のスペシャリスト|相続や過払いの悩み即相談

弁護士

相続に必要な事を知る

もし相続権が発生したら

相続とは、自然人の財産などの義務、権利を他の自然人が継承することである。その権利は被相続者が死亡した時点で開始される。 特別な遺言の場合を除いて、一般的には相続人の優先順位は、被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹である。また、配偶者に関しては常に相続人とする。 その配分は配偶者が2分の1、その子どもたちで2分の1となる。 例えば、自分の父親が死亡したとする。その財産は配偶者とその子どもで分配される。仮に父親が1000万円を現金で所持していた場合、その半分である500万円が母親に、残りの500万円が子どもの物となる。しかし、ここで子どもが2人いた場合は、さらにその半分の250万円ずつが子どもたちの相続する金額となる。

もし父親に別の女性との子どもがいたら

父親の相続人になるためには、父親が自分がその子の父親であるという認知をしておく必要がある。つまり嫡出子か非嫡出子かどうかである。 例えば、死亡した父親に別の女性との子どもがいたとする。その女性が父親の前妻だった場合は、子どもは父親との血縁関係はもちろん、戸籍上も嫡出子であるため相続権は他の子たちと平等になる。 では非嫡出子のような隠し子はどうか。これは、父親が子どもを認知せず、婚姻関係にない女性との間に生まれた子どものことをいう。 実はこの非嫡出子には相続権がないため、彼らが財産を継承するには父親に生前に認知をしてもらうか、遺言に書いてもらうかしかないのだ。そのため非嫡出子本人または母親が、父親に認知してもらえるよう頼むしか方法がないのである。また、嫡出子の方も父親に隠し子がいないかどうかよく聞いておく必要がある。

相続に関することは、法律のプロである弁護士に相談をするといいだろう。なるべく早い段階で弁護士を頼ることで、相続問題がスムーズに解決する可能性が高くなると言えるのだ。もしもの時に頼れる弁護士を事前に調べておくことで、様々な問題に直面した場合にも、適切に対処してもらえるのである。最近では、インターネットからでも弁護士を探すことが可能となっており、各弁護士事務所のホームページを閲覧し、弁護士選別の参考にすることができるので、とても便利なのである。