弁護士や税理士は法律のスペシャリスト|相続や過払いの悩み即相談

弁護士

相談をして不安をなくす

起業をしている方などは税理士を使うことが多くあります。そのため、税理士を上手く選ぶことや選ぶときには、いくつかのポイントに沿って選ぶと税務の仕事が簡単になるでしょう。

読んでみよう

法律の改正

出資法の改正による影響

2010年に出資法が一部、改正されました。改正内容は、貸金業者やカード会社が貸し付けやキャッシングを行なう場合の上限金利が、改正前は一律29.2%であったものが、改正後は一律20%に引き下げられたことです。 改正前からこの上限金利を超えて貸し付けを行なうと刑事罰に問われます。 貸金に関連する法律にはもう1つ、利息制限法という法律があります。こちらは貸し付け金額(元本)毎に上限金利が定められていて、例えば、元本が10万円未満であれば上限金利は20%となっています。しかし、利息制限法の上限金利を超えて貸し付けを行なっても、貸金業者に対する罰則規定はありません。 つまり、出資法の改正前は出資法の定める29.2%の上限金利を超えない範囲で貸し付けを行なっていた貸金業者が多く存在していました。 しかし、2010年の改正により、利息制限法に罰則がなくても、出資法の罰則が適用されるようになりました。

過払い金は返還請求できる

2010年の改正にはもう1つ大きな意義があります。それは過払い金を返還請求できることです。 過払い金とは、利息制限法の定める上限金利を超える利息部分のことです。過払い金の返還請求期限は10年ですが、この10年という解釈には補足が必要です。 最後に返済した日付が10年以内であれば、その当該契約全てに掛かる利息が対象となります。例えば、15年前に借入の契約をして、最後に返済した日付が5年前であれば、この契約に掛かる全ての利息が対象となるので、実質、15年前まで遡り、過払い金があれば返還請求できます。 過払い金の返還請求は借り入れた本人が行なうことも可能ですし、弁護士などに依頼して返還してもらうこともできます。 参考として、弁護士に依頼する場合の成功報酬は、過払い金の返還金額のおよそ20%程度です。

相続に必要な事を知る

財産や権利などを誰かに譲ることは相続ということになります。そういった問題は、いろいろなことがあり、家族内で問題になることもあります。あらかじめなにが必要なのかを知っておきましょう。

読んでみよう

遺産相続のトラブル

遺産相続をするときには、法律がからんでくるのである程度の知識を持っておくことが大切です。また、税金対策を行なう必要性などもでています。残された資産の大きさ関係なく税金をとるようになっていので税理士に相談しましょう。

読んでみよう